DIR EN GREYの3rdアルバム「鬼葬」全曲の感想・レビューとおすすめの曲紹介

DIR EN GREY

こんにちは、アルタロトです

僕の大好きなV系ロックバンドのDIR EN GREYの3rdアルバム「鬼葬」を全曲レビューします!

鬼葬の全体的な印象

前作「MACABRE」は悲しく切ない曲、退廃的で宗教観が強い曲が多く、気分を盛り上げるような曲は少なかった

今作「鬼葬」でも系統は同じような失恋やエログロ系の曲が多いが、サウンドがハードコア・メタル寄りになった

 

京の声質が少し変わって上手くなった印象がある、特に低音域

つぶやくような歌い方が多い、中音域のデスボイス(スクリーム)を使うようになったのも特徴

鬼葬全曲レビュー

鬼眼-kigan-

花魁がテーマの曲

「花魁って何ぞや?」という人もいると思うのでWikipediaより意味とページを引用しておくので詳しく知りたい人は以下のリンクよりどうぞ

花魁とは、吉原遊廓の遊女で位の高い者のこと

出典元:花魁 – Wikipedia

 

和のテイストでベースが前に出ている

歌詞は花魁と客との間に子どもが出来る→中絶を繰り返して遊んでる的な感じですかね

中音域のスクリームがこの曲で初めて登場し、京の進化が早速現れてます

ZOMBOID

コスプレマニアの男が段々と同性愛者になっていく曲らしい…この時点で既にやばいw

独特なリズムのドラムと渇いたスクリームで幕を開ける

わざと裏返したような歌声が特徴的

サビのシャウトは明らかに前作「MACABRE」よりもレベルアップしており、ライブで盛り上がるようなノリになっている

24個シリンダー

歌詞は失恋っぽい感じだけど、京の歌がファンに届いていない的な感じではないかと解釈しました

京の中高音域が太くなった

途中から感情を込めて歌っており、その声は怒りや悲しみを感じさせる

FILTH


不気味な声と妖しい雰囲気で幕を開けるサイコ系エログロ曲

「これ、ほんとにシングルなの…?」ってくらいシャウトしてる

シャウト、スクリーム、ファルセット、ヘッドボイスと様々な声を使い分ける難曲

メロディーはシャウト、サビはキャッチーというDIR EN GREY王道のスタイル

この曲から京はhiCを出せるようになりました

サビが綺麗でキャッチーすぎて、歌詞と合ってなさすぎるのはDIR EN GREYあるある

ラストは段々狂っていく主人公を表しており、良い意味で気持ち悪い

Bottom of the death valley

ベースのアルペジオから始まる、車で崖から転落自殺を図る女性の心情を描いた曲

京はウィスパーボイスも上手い

スクリームを効果的に使っている

ベースが前に出ている

叙情的なギターソロが好き

embryo


暗く、寂しげな雰囲気の近親相姦・家庭崩壊を描いた曲

メロディーはつぶやくように歌い、サビは張り上げるように歌う京

シングルVerとアルバムVerで歌詞が違いますが、元々アルバムVerの方が本家であり、

「歌詞がシングルに相応しくない」という理由からシングルVerは書き換えたらしい

あれ?FILTHも結構ヤバかったような気が…w

個人的には重い歌詞のアルバムVerより、シングルVerの方が世間へのヘイトを吐く京らしい歌詞で好きです

逆上堪能ケロイドミルク

妖しい雰囲気と綺麗なファルセットで幕を開ける

「ガラガラキリガラガラガラガラと音を立て」、「夜な夜な夜な夜な夜這いです」と歌詞が独特で面白い

タイトルはエログロ系っぽいけど、実際はストレートなDIR EN GREY流ロックでカッコイイ

The Domestic Fucker Family

ノリの良さを重視した曲

ファッカーを連呼していてライブを意識してるように感じる

正直、DIR EN GREYらしくないので、あまり好きではないです

undecided

アコギで寂しい雰囲気、京の優しい声と張り上げる声の対比

ストレートな恋愛系の歌モノで京が上手くなったのがよく分かります

蟲-mushi-

アコギを使っているのは「undecided」と同じだが、こちらはかなり暗い雰囲気になっており、前作「MACABRE」の「ザクロ」を彷彿とさせる

ラスサビの泣いているように聞こえる歌い方とアウトロのギターが好きです

JESSICA


一変して明るくキャッチーな曲

歌詞に犯罪者(エド・ゲイン)とシド・ヴィシャスが入っているが彼らのことを歌ったというよりも、京自身の人生について歌っていると思われる

hiCとhiDが登場する、当時のハイトーン曲

ライブではメンバー全員がニコニコなので好きです

鴉-karasu-

歌詞についてはWikipediaより引用

親の性行為を見た子供が、それに触発され姉を犯してしまい、独房に入れられても尚快感を忘れることが出来ず自慰行為に明け暮れるというエログロな内容

出典:鬼葬 – Wikipedia

 

ギターのタッピングが印象的

暗いメロディーと激しいサビで静と動を表現している

2番サビ後に転調したと思ったら元の展開に戻る点がイマイチな印象を受けた。そのまま違う展開で進んでも良かったように感じるなー…と思って調べてたら実は未完成の曲らしい

ということは後のミニアルバム「THE UNRAVELING」に収録したものが完成版なのかな

ピンクキラー

今作のキラー曲

ひたすらドコドコザクザク鳴らす楽器隊とシャウトするボーカルで疾走する

エログロ歌詞×シャウト=「鬼葬」

この一曲で「鬼葬」の世界観を強く表しており、ラストを飾るに相応しい一曲だと思う

おすすめの曲、お気に入り曲

  • FILTH
  • undecided
  • JESSICA

王道スタイルの「FILTH」

綺麗なメロディーの「undecided」、「JESSICA」

DIR EN GREYの良いところは何よりもメロディーなので上記の3曲にしました

鬼葬のPV集とライブビデオ

鬼門

MACABRE~鬼葬までのシングル曲のPV集です

列島激震行脚 FINAL 2003 5 Ugly KINGDOM

鬼葬~six Uglyまでの楽曲中心のライブのビデオです

DIR EN GREY関連記事

DIR EN GREYの1stアルバム「GAUZE」全曲の感想・レビュー、おすすめの曲紹介

DIR EN GREYの2ndアルバム「MACABRE」全曲の感想・レビューとおすすめの曲紹介

DIR EN GREYの4thアルバム「VULGAR」全曲の感想・レビューとおすすめの曲紹介

DIR EN GREYの10thアルバム「The Insulated World」全曲の感想・レビューとおすすめの曲紹介